カンパーナ 〜160年の伝統を誇る手作りのイタリア靴〜

September 12, 2018

 

カンパーナの起源は1858年、マルシェ中心部の小さな作業場にて始まります。マルシェは多くのイタリア劇の舞台として知られ、カンパーナの歴史もここで紡ぎ出されます 。

 
カンパーナ一族は、製法と熱意を変えることなく、イタリア製ハンドメイド革靴を5世代にわたり製作し続けています。カンパーナは伝統を忠実に守り、時代の流れに影響されることのないスタイルとファッションを継承しています。それは父から息子へと引き継がれる秘伝のようなものです。

 

 

創立者であるエンリコは、ペンキ屋の作業場で使用人として働いた後、事業を始めました。靴のボディーに施される素晴らしい装飾と精密さは、エンリコが師匠のペンキ塗りから着想を得たことに由来します。


ファッションは時代とともに移り変わりますが、カンパーナは第二次世界大戦が勃発した後も100年以上変化を拒み続けています。創立者は、洗練されたイタリアのエレガントさを備え、時代の流れに影響されることのないスタイルを提供することを理念として貫き通してきました。クラシックなラインを基調としながら、細部へのこだわり徹底しています。

 

 

クリスティーノ・カンパーナの靴は今日においても、高品質な革が使用され、職人による手作りで製作され続けています。デザイナーは、シンプルな色と様式が特色であるナポリタンスタイルを伝統的に採用する一方で、新しい素材、柄なども探求し続けています。

 

カンパーナの信条は「一足一足を初めて作る靴のように製作する」ことです。クリスティーノはこう語っています。「私たちの靴にはユニークなイタリアの製法と情熱が込められており、このようにして生涯使用できるような靴が作り上げられているのです」。

 

Please reload

The Collection